本当に大丈夫なのか、福岡の陥没事故

博多駅前で起きた大規模な道路陥没事故。

事故が起きてから1週間で本当に道路が陥没していたのか、と思えるくらいになりました。

復旧工事も突貫で行われ、その結果1週間という驚くべきスピードで回復をしました。

しかし本当に大丈夫なのでしょうか?

突貫工事で行われたからミスもあるんじゃないでしょうか?

あまり安全性のことは言われていませんが、スピードよりも安全であることのほうが大事だと思います。

施工会社の社長が謝罪をしましたが、何度も「予測不可能だった」と繰り返し言っていたそうです。

誠意のかけらも感じられないような謝罪会見だったので、自社の責任もしっかりと認識、再発防止を行うように徹底的な社員教育をしてもらいたいと思います。